男性だからこそ自撮りテクニックを

最近、自撮りという言葉が流行っています。スマホのカメラを使い、自分で自分の写真を撮る事です。上手く撮影できれば、平凡な顔もモデル並みに可愛く写ります。この自撮りが流行っているのは主に女性の間です。

だから、男性は自撮りの方法をあまり知りません。しかし男性も自分がどうやったらかっこよく写るかというのを研究すると、イククルでの女性の好感度はアップします。

しかし女性がやる自撮りは、女性だからこそできる技です。それを男性がやろうとしても上手く写真はとれません。そこで、男性ならばこうやるべきという写真の撮り方を紹介します。

写真を撮るためには、画素数がいいスマホを用意します。スマホの機種にもよりますが、800万画素あれば十分です。そして、できれば友達に写真をとってもらいます。男性が自撮りをやろうとすると、女性のように器用じゃないから失敗する可能性が高いです。

友達にあなたの真正面に立ってもらい、鎖骨あたりまで写真に入るようにしてもらいます。それがちょうどいい距離です。なぜなら、あまりにも遠いとスマホでプロフィールを見た時にあなたの顔が分かりずらいです。しかしあまりにも近いと、迫力ある顔になってしまいます。しかも顔がよく分かり過ぎてしまい、シミやそばかすの欠点が隠せません。

ちょうどいい距離になったら、あなたは軽く微笑みます。微笑ぐらいがいいです。微笑みすぎるとチャラいですし、無表情だと恐いです。好きな人にキスをする前のように、大切なものを見るかのように微笑みましょう。